情報分析でFXに勝つ!!

情報分析でFXに勝つ!!

田舎で育ちましたので、近所に大きな病院はありませんでした。唯一町にあったのが個人でやっている佐野市の内科のお医者さんでした。

 

小学校の校医さんもやっていて、本当にこのお医者さんにはお世話になりました。学校で打つ予防接種も健康診断もすべてやってもらっていました。庭で遊んでいて木のトゲが爪の間に刺さって抜けなくなった時には、ハサミで爪を切開してもらってピンセットでトゲを抜いてもらいました。風邪を引いた時には往診もしてもらった記憶があります。今の時代、なかなか往診はしてもらえませんが、このお医者さんは白衣のままバイクに乗って、町のあちこちへ往診に出かけていました。

 

私が子供の頃ですので、昭和40年代の初めの事です。私は今でもこの町に住んでいますが、その小児科の医院は、もう廃業しています。ただ、当時の病院の建物だけは残っていて、その前を通りかかるとなぜか消毒液の匂いとともに、あのお医者さんの顔が思い浮かんで懐かしくなるのです。

 

個人事業主が行う、青色申告は税金控除65万円はもちろん、

 

赤字となっている場合も、繰り越せる期間が3年から7年までのため、

利益が出ていない場合でも申告するのが普通のようです。

 

とにかく面倒なのが、記入系ですよね。

間違ったり、なんだって、税務署行けば混んでるし、

これを丸々人に任せられたら、どれだけ楽だろうか?

個人事業主の場合だと、なかなか、そう贅沢をいっていられないかも、

しれませんけどね。

 

ある程度利益を出している方は、税理士などに頼んで、

そういった税金関係は、すべて、お願いしたいですね。

 

自分でやるよりも明らかに早いですし、しっかりと節税に繋がる、

アドバイスを頂けますし。

 

人によって条件にあった節税方法がありますので、

まずは丸亀 税理士みたいに、

無料相談が可能な、税理士の事務所に相談してみるのがおすすめです。

 

相談するだけでも、節税のヒントになったり、

スムーズに青色申告ができるようになるかもしれませんよ。

FXの代表的な理論の一つに 「ダウ理論」というものがあります。

 

ダウ理論は、6つの基本法則からなり、テクニカル分析の原形となっている理論で、 株式相場での分析に利用されていますが、株式の動向は為替にも影響を与えることや、 株式相場と為替相場の近似性から、FXの世界でもダウ理論は有効だと言われています。

 

このダウ理論では、常に変動し続けている市場価格の今後を予想する為のもので、 その市場の方向性を見極めるテクニックとして体系化したものです。

 

多くのFX利用者が行っているテクニカル分析は、まさにダウ理論に乗っ取った分析法だということが言えます。

 

余談ですが、ニュースなどで良く聞くものに「NYダウ」「ダウ平均株価」などと呼ばれている指数がありますが、 これはアメリカのダウ・ジョーンズ社が算出しているアメリカの代表的な株価指数です。

 

ダウ・ジョーンズ社というのは、チャールズ・H・ダウらが設立した経済関連の出版社のことで、 この設立者の1人であるチャールズ・H・ダウが「ウォール・ストリート・ジャーナル」に執筆したものを 後にまとめ上げたものが「ダウ理論」と言われる相場の理論です。

チャートの動きをより分析しやすくするためのものに『ローソク足』というものがあります。

 

これは、テクニカル分析に多用されるのですが、1日の値動きを一目で分かるように変換した表示が、ローソクの形に似ていることからそう呼ばれます。

 

1日の値動きが右肩上がりの状態だったような上昇トレンドを「陽線」というのですが、1日のチャートの動きをローソク足に変換することで、陽線の流れが一目で分かるようになりました。

 

一方、1日の値動きが右肩下がり(下降トレンド)だった場合、その値動きのことを「陰線」とよぶのですが、これをローソク足に変換するときは、ローソクの本体の部分の色を変えることで、現在が上昇か下降かの状況をすぐに判断することができます。

 

この『ローソク足』は1日の流れを知るだけでなく、もっと大まかな情報や、詳細情報まで一目で確認できるものでもあるのです。

 

余談ですが、今や世界中で利用押されているこのローソク足は日本人が発明したテクニカル分析の方法のひとつです。

 

これらローソク足を利用することで、いろいろな時間軸を一目で見ることが可能ですから、利用しない手はありません。

現在起こっている、世の中の動きから、将来を分析し、予想するもので、一般的に「ファンダメンタル分析」と言われているものが相当します。

 

為替の動きに影響を与える様々な事象(政治の動き、その国の景気、国と国の貿易関係など)を分かりやすく指標にしたものから将来を分析するこの方法は、直接的な情報からの分析になる為、基本的で大変重要とも言えますが、その情報の広さと深さから、大変分析が難しく、分析しきれないような値動きをする場合もあります。

 

『ファンダメンタル分析』の「ファンダメンタル」とは、“経済の基礎的情報”とか“経済的指標”という意味合いを持った言葉です。

 

ですからFXでいうファンダメンタル分析は“基本的な経済情報”をもとに予測を立てる、つまり『世界の経済情報を知り、それをもとに今後の相場変動に予想を立てる』という方法ということになります。

 

その国の金利や景気の動き、政策や財政の動き、貿易収支、他国との対外政策など、幅広く情報を収集しなければなりません。

 

こういったニュースの類いは意識していなければ基本的に難しそうな話なので、テレビのチャンネルを他にまわしてしまうところですが、自分もFXで投資をしているという意識があれば自然と耳に入ってくるものです。

過去の情報とは、既に起こっている事象(値動きなど)のことを言い、分かりやすくグラフ化されたものから分析します。

 

一般的に「テクニカル分析」と呼ばれるものがこれに当たり、具体的には、「過去に発生した価格変動から、将来の価格変動を予想・分析の方法」の総称と言え、様々な方法が含まれます。

 

このテクニカル分析は、トレンドに乗ることを重要としています。

 

トレンドとは、今売り時なのか買い時なのか、相場の流れのことを指していて、基本的に上昇トレンドが買いのサイン、下降トレンドが売りのサインということになっています。

 

そのトレンドを知るためにチャートのローソク足を参考に分析を行っていきます。

 

ローソク足を参考にすることで、現在が上昇トレンドなのか、下降トレンドなのかを一目で見ることができます。

 

“基本的な経済情報”をもとに予測を立てるファンダメンタル分析に対して、チャートで予測するテクニカル分析は少し難しそうな印象をもつかもしれませんが、基本さえ覚えてしまえば、さほど難しいものではありません。

FXや株式などの投資には、情報の収集と分析が欠かせません。

 

その情報と分析は、大きく分けて「過去の情報からの分析」と「現状からの分析」の2つになります。

 

これらの情報と分析を組み合わせて、将来の値動きなどを予想します。

 

過去の情報からの分析を「テクニカル分析」と言い、既に起こっている事象(値動きなど)を分析しながら今後の取引に繋げる方法です。

 

もうひとつの現状からの分析を「ファンダメンタル分析」といい、現在起こっている、世の中の動きから将来を分析、予想して今後の取引に繋げる方法です。

 

この二つはどちから一方だけ見ておけばいいというものではなく、過去から現在、そして現在から将来へ繋がる流れをしっかり読み取ることがFXの取引には重要となってきます。

 

相場の値動きは、社会情勢なども大きく影響してくる問題なので、新聞やニュースなどをチェックすることも必要な要素となります。

最新ニュース

  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • 銀座スキンクリニック
  • 脱毛ラボ

  • ホーム RSS購読 サイトマップ
    HOME 情報の重要性 過去の情報を分析 現状からの分析 ローソク足の分析 ダウ理論