お世話になった小児科のお医者さん

お世話になった小児科のお医者さん

お世話になった小児科のお医者さん

田舎で育ちましたので、近所に大きな病院はありませんでした。唯一町にあったのが個人でやっている佐野市の内科のお医者さんでした。

 

小学校の校医さんもやっていて、本当にこのお医者さんにはお世話になりました。学校で打つ予防接種も健康診断もすべてやってもらっていました。庭で遊んでいて木のトゲが爪の間に刺さって抜けなくなった時には、ハサミで爪を切開してもらってピンセットでトゲを抜いてもらいました。風邪を引いた時には往診もしてもらった記憶があります。今の時代、なかなか往診はしてもらえませんが、このお医者さんは白衣のままバイクに乗って、町のあちこちへ往診に出かけていました。

 

私が子供の頃ですので、昭和40年代の初めの事です。私は今でもこの町に住んでいますが、その小児科の医院は、もう廃業しています。ただ、当時の病院の建物だけは残っていて、その前を通りかかるとなぜか消毒液の匂いとともに、あのお医者さんの顔が思い浮かんで懐かしくなるのです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 情報の重要性 過去の情報を分析 現状からの分析 ローソク足の分析 ダウ理論